YOSHINAKA ONO


Mark





http://www.take-pc.com


TAKE PHYSICAL CONDITIONING GYM

Japanese race jockey YUTAKA TAKE has produced a brand new conditioning gym in Kyoto.
There are still very few gym in Japan that provides conditioning method based on physical therapy.
We have designed the whole visual communication from the interior to the logo to visualize
this new category of gym that has both aspects from a gym and a hospital.
The muscle vein was symbolized in the logo since maximizing excursions are the principle of physical therapy.
The logo also resembles the letter “t” which is the initial of the brand name and look similar to the Red Cross.
This muscle lattice pattern is also used for interior as a reinterpretation of traditional Kyoto architectural design.

日本のトップジョッキー武豊氏プロデュースによる、コンディショニングジムの新しいブランドをトータルデザイン。
日本にはあまり前例のない「理学療法によるフィジカルコンディショング」の市場を開拓する必要があった。
我々はそれを、スポーツジムでも病院でもなく、しかしその両面を兼ね備えた「第三のカテゴリ」として印象づけるデザインワークを行った。
ロゴがシンボライズしているのは、「伸縮する筋肉」である。なぜなら、理学療法の本質は、筋肉の可動域を拡張することだからである。
交差し連携する筋肉は、ブランド名の頭文字である「t」を描きつつ、同時に医療を捕連想させる「十字マーク」にもなっている。
この筋肉が描く格子模様は、ジムの内装にも適用。古都・京都の伝統的な建築意匠をモダンに再解釈した。


Client: TAKE PHYSICAL CONDITIONING
Creative Director: Yoshinaka Ono
Art Director: Yoshinaka Ono
Copy Writer: Yohei Ugaeri
Designer: Takanori Kimura
Designer: Tetsuya Utsumi
Designer: Ryusei Sakiyama
Architect: Hiroshi Shimooka
Photographer: Kenichi Sonehara
Retoucher: Kazuyo Oi
Photo Producer: Hayato Satomi
Photographer: Daijiro Okada
Photographer: Yuki kawakami
Printing Director: Mitsuo Yoshinaka
Producer: Takeshi Fujii
COPYRIGHT © YOSHINAKA ONO ALL RIGHTS RESERVED.
Mark